ブログ

最新のお知らせ


2024年2月18日 : メニエル症候群
栗東市 51歳男性 公務員

目まいが治まる


ぐるぐる目まいが続いていました。
3個の耳小骨が剥離して、奥に入ったために、立ちくらみや耳鳴りや聞こえにくいなどの症状が続いていると耳鼻咽喉科医師に言われました。

いろいろな耳鼻咽喉科の病院や医院に行きましたが、3年間ほど改善しません。

小萩先生の施術を受けました。
耳のカイロプラクティックや鍼治療や電気てい針治療を受けました。
顎の矯正と背骨の整列もされました。
8割は初回で改善しました。
小萩先生は、施術の定着化が大切だと言われました。

3ヶ月くらいあけて定着化したの確認をしてもらっています。
完治するように、がんばります。
2024年2月12日 : 交通事故は診る観察力でまったく違う
彦根市 41歳女性 会社員

驚きを超えて異次元


首を痛めて、小萩先生に相談しました。
日常生活での怪我は、介達外力で、転んで手の平を床についたら肩や首が痛くなった。
でも、交通事故の場合は、鉄やアルミが直達外力として当たり、稲妻が体を抜けて地面に潜り込むように、衝撃が体を抜けて車内でストップするのだと教わりました。

先生は、交通事故とは、生まれつき弱かった部分に衝撃が入り込んで抜けていく特殊な外傷だと言われました。

この国の自賠責保険制度では、実日数が後の診断と連動するケースが多く、治すより通うことに重きがおかれてしまう。
柔道整復師への通院は実日数稼ぎで、整形外科医師は示談診断の尻ふきをされるのは嫌がるのは当然。

先生は、交通事故通院実日数稼ぎに利用をしないで、生れつきの弱さを含めた治癒を目指す施術ならばして上げると言われました。
胸郭出口と、斜角筋と、鎖骨下垂と、胸椎の飛び出しと、お尻の筋肉の神経の絞扼と、外反母趾を指摘されました。
さらに、顎関節症も指摘されました。
過敏性腸症候群が指摘され、下痢と便秘の交互の繰り返しが首の骨の前弯整列ができないで、首の骨の直線化している場所に交通事故が襲い掛かったのだと指摘されました。

頚椎の問題は、画像診断では映らない靭帯の肥厚による神経圧迫が多いことや、首の前の筋肉をいじると後ろの動脈のプラークの剥離の脳塞栓の危険性も指摘されました。

施術は、確認を含めて2回でした。

人の体を立体でとらえる診方は、驚きを超えて異次元でした。
助かりました。

2024年2月7日 : 観察が生んだ高いまとまり
豊田市 39歳男性 営業

違う次元の施術


パパパと病気の出方をまとめられます。
すべての触診が痛いし、感覚が違うなとわかります。

反応が無くなるまで、数分ですが、定着化のために、時間を掛けられます。
違う次元の施術です。
2024年2月3日 : 不思議なハリ治療
東京都 46歳女性 会社員

今までにない針治療


今まで多くの鍼灸院に通院しました。
太い針を打つ施術が多かったです。

小萩先生は、驚くほど浅い打ち方です。
しかし、ツボに染み入る感覚がありました。

フレアーという打ったまわりの反応を観察されて、反応が消えると針を抜かれます。

それでも、びっくりするほど効いている期間が長いです。

達人のハリです。

無駄のない施術です。
東京から行く価値はあります。

感謝です。
2024年1月24日 : ブルドック顔が消えた
京都市 68歳女性 主婦

ブルドック顔が消えた


左右の口唇が「ヘ」の字に下がり、鬼のように目が鋭い顔でした。

あれこれと、美容外科では注射をしたり、糸で上げていました。

お腹の状態と、歯の状態とは、顔の下垂は連動すると言われました。

顔の筋肉は、リカバリーをする施術が有効であると、リカバリーの施術をされました。

美を正面から意識できる顔にせていただきました。
私の変わりように、娘も受診しました。


基質認知療法(Self Cognitive Therapy:SCT)の受療者の言葉より

基質認知セラピーを初めとする小萩メソッドに出会って7年目を迎えます。

来訪されるお一人お一人との深く真剣なやりとりは、ときにはお互いの心が軋むような緊張感をともないますが、ともにアクティブ基質型の階段を上り、ステージアップしていけるのは何にも代え難い喜びです。

そのたびに、私自身も成長させていただけることに感謝しています。
基質認知セラピーを通して、自分と向き合ってもがきながらも、最後は晴れた気持ちになっていくクライアント様の表情の変化や、姿の変化がリアルに感じ取れることがとても嬉しいです。

常にクライアント様の悩みや苦しみの突破口でありたいと思います。

基質認知セラピーから繋がるたくさんの出会いを喜びに頑張ります。

今回、一般向け書籍の制作とホームページ開設で、またどんな出会いが待っているのか、とても楽しみにしています。 .



講演会




苦しみや痛みの本質

・勝たないといられない 負けてあげられない底の深いコンプレックス性格
・陽気な常識者と対等かつフランクに職業度外視でつきあえない嫉妬警戒心理
・いい人を装い演じずには居られない焦燥感と切迫感と恐怖感の偽善者
・意図的な悲観思考や厭世思考(ペシミズム)による慢性的な幸福度の低さ
・監視・監督・監理をする未成熟夫と暮らす妻の夫源病への我慢辛抱心理
・ダメな人しか愛せない母と子や妻と夫らが繰り広げる共依存のトルネード
・祖父母や父母からの過保護の刷り込みや染み込ませによる考動拒否の弊害
・常態的に押さえつてくる劣等感持ちから生まれるパワハラによる自己否定
・かげりを魅力と勘ちがいして暗さを演ずるナルシシズムのさすらい癖
・知らないと言う勇気のない母子密着の子の捨てられたくない性嘘つき癖
・世間には理解されない真面を演じる者との常態的生活苦痛(カサンドラ症候群)
・優しくして甘やかしてダメにする過保護やスポイルの犠牲者の強烈な無考力
・私利だけの等価配当拒否者に降りかかるワザワイ(災・禍・厄・妖・殃・難)
・相手や周囲には容易に察知できない善悪の機微がすべて悪の人への警戒の疲労
・嫉妬心を持たせる対象への被害者を装って駆逐や放逐の攻撃をする発狂心理
・底なしの不足感や不満感をまき散らしを止められない「私をわかってチャン」
・裏切りや背信をすることを前提に交際する憤怒の反社会性の闇持ち
・いまだに嫁や婿に心が家入りしない実家の父や母や兄弟姉妹との分離不安症
・単純な心の健康さを軽蔑侮蔑してしまう重要感のある言動や考動を好む癖
・パソコンやスマホにより直線化してしまった頸椎のストレートネック
・円背や頚椎直線化による脊髄の常態的伸長が各椎脊髄神経の陰圧性牽引
・手をバンザイして締まらないウェストになってゆるんだぽっこりおなか
・パックマン様の免疫細胞の捕食肥大化のためにリンパ節流入不可の足止め
・腋窩や鼡径のリンパ節の周囲の硬化によるリンパ液の常態的な貯留や浮腫
・陽圧陰圧バランスなどの関節の生理の消失と自重の積載の限度の超過
・持続的な圧迫や過度の伸長や牽引による神経を回復する神経鞘の栄養のダウン
・ストレス性の胃腸機能障害による背筋バランスの消失による脊柱起立筋性側弯
・踝(くるぶし)や骨頭(ひじやうでやまた)や指などの骨端が発達しない形成不全
・後頭骨と第1第2頸椎が塊化して固まるための脊髄液のポンプ機能の徐々の低下
・加齢に負けた基礎代謝の低下のサルコペニアやロコモティブやメタボリック症候群
・手術後の膠原繊維・細網繊維・弾性繊維と筋膜の癒着による放射状皮膚滑走性低下