操作手冊症狀

交通事故傷害的救治

指揮他們的力量, 他們的力量, 而不是恐懼
不潔是至關重要的, 如果你懷疑某處平坦的小一個, 就是這樣。
在這個意義上, 交通事故是無法治癒的。
不要低估指揮他們的力量。
我跌倒了, 手也掉了..。 起重重負荷..。 這都是通過我們的外在傷害。
是汽車保險杠和格柵, 擋風玻璃和側面後視鏡, 輪胎和車輪直接擊中身體。 閃電機械擊穿電位, 我們將刺穿身體。
人類的心智和身體是 "韌性的"(韌性: 韌性、抗力、韌性、耐力)"你們作為細胞慢慢地適應一點一滴和恢復, 不知何故精力充沛。
但是, 摔下來打的身體和切割鋼絲繩骨折! Spatsu! 豎起! 據說, 那一瞬間發生了。
被毀滅的人生來就有遺傳弱點
我開始計數為遺傳固有的弱點, 這是太多了, 不能提。
頑固性偏頭痛和傾向于營養迴圈想咀嚼力由貧窮細節圍繞眼部運動肌平衡不良, 青光眼和軸近視有滋養血管和神經的正常緊張引起的高眼壓, 頜骨和口腔和蛀牙 需要更壞的空氣道或耳管街, 聲音容易枯萎易發炎, 頸部和肩部和手臂的長度和厚度的平衡軀幹和腿是壞的, 柔軟的身體, 臉部, 背部和下部的身體剝離, 胸部形狀平坦, 肺容量低, 膈肌緊張, 內臟垂體年趨勢過剩胃酸和回流的氣體儲存結構, 狀態rashiku 和內。(外面的防襠和反襠)小牛乳泵功率不足, 而腳背和 X 腿的薄厚度在外翻外, 我唯一的消極特徵就是沒有。
而高速有選擇地破壞身體易損部位, 難免會在另一替代物之前通過, 如聲音機械能從動作中所占的瞬間, 儘量避免事故, 碰撞部分, 消失 它很可能會出去。
為受影響地區提供替代抵押品, 休息
這並沒有對移動的地方進行正常工作, 這是問題或沒有地方應該正常工作, 這是在你遇到交通事故之前的問題。
它最初不是生理前凸直頸人在後端事故中的鞭傷。 頸部損傷和預示著損害腦血管和器官的因素, 如未來椎動脈功能不全綜合征和瓦·塔伯勒綜合征。
腰椎損傷的感覺神經的人最初看腰椎關節固定。 這是一個人誰有很多長瘦的左臀部。 許多有胃腸道疾病的人是典型的。 事故造成的損害, 並刺穿了歷史的停止。
對交通事故的真正恐懼是 "媽媽"。 而疲勞在交通事故中積累了很多, 容易分心的是易受傷害的是 "行為不當"。
確保其餘部分直至受影響地區恢復正常的補償行為, 回復 "原體", 供另類服務店進行治療。
你往往會贏得門診和醫院 "醫學院" 的真實日子, 而使用醫院的 "醫療治療"。

管狀容器 VS 網路神經網路

♦相反行動的真正衝突
和神經是縫在肌肉做血管, 而為蠶, 家蠶(他很)繭(馬玉)這種網路的(Amigurumi)在血管中的形狀和包裹的網狀, 而運行長距離。
他們的家和他們的學校或工作場所, 每天早上出門給自己, 把你的感情放在弓的弦上, 興奮的大腦掀起了躁動, 與社會的脈搏。
觀眾, 在白天引起大腦興奮的習慣(即使)症狀在晚上, 誰出來了。
自我恢復神經的幸福神經副交感神經進入開關, 特別是在星期五下午, 一旦皮膚和第一波的到來, 從職責釋放。
肌肉和血管將增加音量和音量和音調, 以取代和納入營養, 並即將擺脫疲勞和傳播鬆散的最好的。
肌肉和血管包裹像繭的神經網路大小和長度幾乎沒有改變體積或容量, 你想要更大的肌肉和血管, 神經網路, 啤酒在武器。
哇! 基恩! 爆炸..。
♦為對抗血管和神經而死
週末放鬆放鬆精神過剩的潛伏期問題, 荷爾蒙失調後, 刺激性運動, 吃巧克力, 酒喝, 長時間之間的浴缸和飲食周圍的大腦, 身體時鐘時鐘故障在睡眠期間是一個詛咒(打)這是一個嚴重的悲劇。
在管理方面, 如維生素 B2, 你可以平靜一段時間。
然而, 各種因素的症狀將重疊的許多類型(重疊)碰巧有波轂對進攻和反應的變化, 然後是複雜的, 將在範圍內。
為了放鬆, 我會對睡眠、運動、飲食、沐浴和生理以及他們的心理變化有什麼要說或不做的反應?。
在胃和腸道粘膜中, 我們知道這是不夠好, 但沒有停止。
"半固定(家禽)半鬆散(")(Ikohagi 鑄造)"生活不能, 能重獲疲勞是休息和睡眠的睡眠障礙和她的丈夫緩慢可能導致心臟的自主神經系統的故障, 如心律失常和心動過緩和抑鬱症。
給予活力如麻痹和不孕治療, 見啟動(Fukatsu)治療 "如此難聯繫到的最點探索是樂趣。 然而, 治療, 如偏頭痛和三叉神經痛興奮平息 "isami 鄉(Kannagi 正確)治療(Ikohagi 鑄造)」

疾病(山藥)放蕩(熾烈)若要輸入

中國古典文學的故事
將軍們的故事成了不治之症, 要記住多死。 中國古典 "眠ri込mi 10 年" 的月亮, 和我們看到的醫生從秦當錦景公園生病的故事, 醫生到達。
仙女王的兩種病(惡魔)在石膏和資料之間的夢想避難所。
醫生到達後, 經過檢查後的景觀公園 "和疾病之間的石膏和資料, 而不是藥物, 針不接受治療, 因為。 "說。 準備死的是一個景觀公園, 招待醫生更厚實。 風景公園在那以後死了。
"放蕩" 和 "石膏(心臟下部)"從" 資料(膜片上部)"為此, 這部分位於內心深處, 煩惱在噁心的疾病中, 中醫不僅是藥用針沒有達到的手和腳, 癒合能力有, 落入不治之症的狀態, 越來越多的疾病變得更重。
東方醫學博士視野中的重點
指稱 "放蕩" 的穴位位於肩胛骨內邊緣的胸椎上。
這種刺, 當和痛苦的疼痛是 ' 心臟 ' "心律失常" 和竇功能障礙, 呼吸, "消化" 是 "重大" 的情況。
收到後將立即向一家大型綜合醫院介紹血管造影 CT、3D 超聲、MRI、內窺鏡、腫瘤檢查和存在或無回流閥硬化所致的藥物。
在生命體征穩定後, 在東方醫學治療如針灸醫師的同意下, 對 "放蕩" 進行綜合治療。
"膈宇"、"肝郁" "脾郁" 是說 "反正, kannagi--小貼士" Motegi 施療, 但最終 "淋巴水腫" 的方法是。
它是一架飛機, 火車, 新幹線也公共汽車, 大原則 "騎馬" 絕對不會被推翻。
從 "水感" 是清除大部分的 pulpectomy。 "水乾涸" 或建立的水除了 "疾病的程度(Ikohagi 鑄造)"沒有精確的指標。
"淋巴水腫" 在不破壞回饋管理的情況下損壞淋巴結
按拍-撚-搓, 拉伸, 拉, 升級的需求刺激是我們 nibasa 和 pulpectomy 在治療機械刺激的感覺, 如虹吸總是在數量上。
在膠原纖維的階梯上, 細網狀纖維和彈性纖維填充斷裂, 使從業者更強的刺激開始上升。 Interscapular 疼痛和不適是肌肉和感官感受器官和神經打破破壞做那。
"放蕩" 是一個治療小接觸的地方。
"那太 kamawa 了" 是非常危險的。 輕輕地, 輕輕地, 不。

解決 "人工肌肉" 中的 "卡伯" 膝痛

NF-Kapper B
足底尺蠖的推力運動和小腿擠壓四頭肌運動, 膝關節疼痛即刻消失。
股骨和脛骨軟骨關節軟骨的開始 suri減rashi 膝關節、股骨和脛骨直接受到戰爭的衝擊。
剝去的軟骨剝離在這個袋子裡的水袋上, 膝蓋關節周圍的脛骨和股骨的 "關節囊", 以降溫與水, 但將暫停和蓬鬆。
這被稱為 "NF-各種 B"。 這是突然搶購, 棍棒和袋子裡面。 這是造成痛苦的原因。
犯罪加速是有進攻是一種試圖保持應該是原始的原因在聯合 NF-Kapper B 是啟動細胞啟動, 盡我所能, 並開始變得發炎。
麻醉與鎮靜運動與人工肌肉再生
治療與人工大腿肌肉運動的水準相同, 但最有益和持久的影響可以預期。
"身體與足底反射(Ikohagi 鑄造)"這是人造的足夠, 給懷孕的身體。
獨特的功能可以觀察的基礎上, 在前面的腹部, 周圍的基礎背部臀部腹股溝區從屁股。
大腿肌肉從臀部, 而 "肌肉痙攣(家禽 abcdrenditions 可敬)"像弦, 如醒來看新聞(Ikohagi 鑄造)"是原因。
對於步態康復和力量訓練回路, 在其位置不受影響的, 會讓我進一步引導重負荷誘發的繼發損傷。
刪除痛苦的記憶, "polymodal(痛苦知覺)受體敏化鎮靜 "認知-行為治療過渡是困難的。
肌肉的經驗學習(回饋)
生物回饋在床上保留對被動的認識和治療的記憶, 而我經歷了肌肉, 並將認識到, 前與被動經驗的標題採取 同時避免二次損壞的安全、舒適和瞄準的最佳選擇。
"青春的肌肉恢復", 不僅是浪費時間。
"整合" 是循證醫學。(循證醫學)是。

關節疼痛與肌肉疼痛的鑒別

すべての関節や筋肉は成長して祟(打)我
脊柱之間的脊椎關節之間的重量全年和終身攜帶反復炎症與疲勞和恢復, 通過加厚體積厚, 更硬, 壓縮脊髓或脊髓神經根生長。
 椎体は貝柱のような円柱形をして積載を担当して、関節突起は反りやひねりながら積載を担当します 。
 貝柱のような椎体は背骨の前で、貝の殻をつなぐスジのような関節突起は背骨の後ろで、じっと積載しながら反りやひねりに耐えて頑張ります。
 やがて仕事がうまくなり、積載量が増えていくと、積載量増加の要求に、椎体には円周に唇のような「骨棘(オステオファイト)」を形成させ、関節突起は接触面を何倍にも肥厚して、積載面積を増やそうと応変します。
退行性變性和分析它, 看原始的原因靈活性並且由醫療專家混合。
然而, 發育增厚的大小, 血管和神經壓縮因數取決於位置, 導致營養不良, 導致薄組織導致感覺和運動障礙的喪失。
將黃色韌帶加厚至脊柱神經, 將縱韌帶推出後, 如果脊髓通過部分三角形, 椎體骨贅的唇位於關節後部。
近年來, 椎間盤核在椎管內和疼痛中葉, 但許多報告的事實不復存在, 如果骨問題的增厚比輕度是越來越多的認識, 因為是這樣。
肌肉和關節的手指, 手腕, 肘部和肩膀是需要的力量和速度和扭曲, 導致鬆動逐漸腫脹和疲勞和無精打采, oginaou, 但由於硬化和恢復的麻木和疼痛, 而我重複 轉到該屬性的肌肉末端的肌腱的慢性炎症。
腳的關節對自身重量的負荷, 淹沒三英尺足底拱, 關節置換吸收負荷增加, 如果膝關節板是半圓形外的傳統強有效載荷專家半 擰內半月形內專家半月形板移位重量, 消除緩衝能力。
擠壓硬化的吊床肌肉吸收的垂直剪切的恥骨骨和股骨和臀部, 如果暫停的特點, 而不是通過股動脈和股骨頭韌帶。
停止運動時, 在生理負荷區域擴大轉化為基礎的方法對應力分佈的靈活性, 回應, 但靈活的限制被打破, 最終改變形式應要求。 關節停止運行一個崩潰的系統。

 筋肉は生理的範囲を超える発達をとげると、周辺組織と癒着を始めます。
 「筋・筋膜症」と言われる難治性の持続性疼痛と定義されています。
 多くは腰背部に起こります。
 過度の肉体労働や過激な負荷スポーツで起こります。
 筋肉や筋膜が癒着によって、負荷に応えようと発達するためです。
 「筋スパズムス」が出現して、明らかな「トリガーポイント」も出現します。
 「ポリモーダル受容器」は痛覚を過敏に感じさせるように作用をし始めます。
 筋肉の伸縮方向と筋膜の滑走方向の自在性のための隙間(間隙)の確保と、痛覚の引き金となる感作する閾値を上げることと、痛みの記憶の除去を同時にすることが大切です。
 筋肉や筋膜は、発達肥厚すると、容積がどんどんと大きくなりますから、癒着する面積が大きくなるのです。
 発達した筋肉には、大量かつ多種の栄養が必要になりますが、胃腸の働きがやがて追いつかなくなります。
 この栄養不良が癒着を促進させるのです。
 さらに、個体の許容を超えた筋肉量を持つと、深部静脈の容積が確保できなくなり、それを補うためにポンプの力を無理にアップさせて血圧を上げなければならなくなりますし、弁の運動もぎこちなくなります。
 「本態性高血圧」の原因は、ほとんどがこれです。
 ストレッチング程度では、決して改善いたしません。
反彈彈簧對抗重力
這是一個春天的行動, 以對抗肌肉的任務是沒有被擊敗的重力。 肌肉形狀像風信子鱗莖根, 深深嵌在骨頭上。 肌肉的中部被稱為 "肌肉", 這個 "肩袖" 說。
肌腱是一種 "受害者" 尿酸, 通過乳酸廢料不停拉骨膜和保持拉肌腹部, 而軸發生在存在, 肌肉或肌肉腹部, 積累。
被肌肉和肌腱所欺負, 讓人渾身濕透, caccincotin。 這扭曲了我開始反擊肌肉最終開始。
營養不良的血管系統和淋巴系統的回流迴圈是由肌肉的腹部, 導致正常不可恢復的組織文化導致肌肉水腫慢性肌肉水腫的 "肌肉結(痙攣)"那, 肌肉收縮, 伸展和雜記的疼痛和壓痛本身是無法治癒的。
感覺感受器那 polymodullesceptre 是睡覺和醒, 敏銳地敏感和不敏感被折磨。
將能夠, 除非他們有很大的恢復代謝回路和交叉關節肌肉 "收縮", 從 "恢復機智" 本身將消失。

 陸上競技選手における「オスグートシュラッテル氏病」や「シンスプリント」などの「オーバーユース症候群」が、患部を施術しても回復しないのは、それらが原因です。
 「ハイパーモビリティー」と言われる「過剰運動症候群」も同じです。
按摩療法是一種危險的自我恢復生理的肌肉搶奪
「つぶし」が起こります。人工的な「筋膜やぶり」や「筋肉つぶし」が起こり、「肉離れ」に似た状態になります。
 肩甲骨の上の内側や肩甲骨の内縁などに触られることを、異常に求める心理状態になり、「もみほぐし依存症(Ikohagi 鑄造)」におちいりやすくなります。筋肉にとっては、入浴程度で回復しない「自己回復機転」が消えてなくなるリスクがあります。
 「刺激のエスカレーション」が起こり、太ももや肩や背中にくぼみができても、「強く押さえてもらわないと、やってもらった気がしない」と言い出したら、いよいよ危険です。
 こうなると、「部品つくりの施術」から始めなければなりません。「自己回復力」を回復させるのが、「治療」や「施術」や「施療」です。
 部品を壊されつぶされてしまった現状からのスタートですが、このプロセスを踏むと、驚くほど早く寛解して、完治に向かうようになります。

生活不活発病

ロコモーティブ・シンドロームとサルコペニア
運動檢測綜合征或綜合征稱為 "機車綜合征" 和骨骼肌體積遞減綜合征或綜合征的衰老稱為 "骨骼肌減少" 或 "脆弱"。
 動かないのではなく、動けないのでもなく、動かせられないことを、理解している人たちは少ないものです。怠惰な気持ちで怠慢な行動になっているのではなく、動けない心と体になってしまったのです。
 自己存在性の主張と精神の疲労の回復のために、食べることに勝ることはありません。副交感神経は幸福神経ですから、もぐもぐ食べるときの快楽は人としての当然の権利です。性欲に勝る欲求は、食欲なのです。
甲狀腺 & 內分泌系統腎上腺、垂體和胰腺從消化系統消化系統, 減少吸收的協調水結腸, 膀胱和腎臟, 水, 排放。
単位食事当たりの栄養吸収力が下がり、ビタミン吸収能力低下から、神経を回復させる再生工場の腱鞘の作業能力が下がり、骨や全身の細胞の死んで生まれ変わる力が下がり、元気パワー細胞の働きがおかしくなり、若さを保つホルモンが出なくなり、ストレス耐性力が下がります。
歯が横に傾き始めて歯列が崩れ、疲労が抜けていかない体になり、体温が少しずつ下がり、心を病むようになり、社交性が急激に消失します。掃除洗濯やゴミ出しなどの「日常生活雑務の完遂」がままならなくなり、せめて外面だけでもよくしようとさえも思わなくなります。
 
大腿骨頚部骨折、骨粗鬆症、円背・亀背・猫背、変形性脊椎症、脊椎管狭窄症、変形性股関節症、変形性膝関節症、関節リウマチ、長期寝たきり、易転倒、易骨折などを、発症しやすくなり、痴呆症へのリスクが高まります。
人体で、おしりと太ももだけで、筋肉の大部分を占めますが、「しりたれ」と「ももやせ」の兆候は、大きな問題に進行してしまう序章であることを知りましょう。
「しりたれ」と「ももやせ」を軽く考えてはなりません。イスに座っても仰向けに寝ても、坐骨の結節の外を走行している坐骨神経を、殿筋の厚みが薄くなったために、直接的に坐骨の結節が押さえ込むようになってしまいますから、すぐにしびれるようになります。
さらには、骨盤がすっと起立しなくなりますから、壁にもたれかかりたくなり、腰椎の前弯が消えます。すると、背中は円背になり、横隔膜によって押さえ込まれて、内蔵下垂を助長させて、頚椎の前弯も消えてストレートネックになります。
脊髄は、後頭骨の直下から腰椎の第2番目までしかありませんから、円背になると胸椎部で脊髄を引っ張るようになりますから、脊髄神経の左右対の前根・後根の4本をビンビンに引っ張るようになり、消化器系の神経支配に失調をきたし、もろもろの障害が出やすくなります。早期に人工的筋肉の再生の施療を受けられることをおすすめ致します。

専門外受診であるリスク回避を威風堂堂と

ストックホルム症候群に注意
占拠監禁事件や誘拐監禁事件や伴侶のDVなど、長時間生命の危険を感じながら密室に同居しなければならない環境下では、無意識が加害者に信頼・協力・好意で対応してしまいます。生存確率を高めるためには、抵抗や反抗や嫌悪するより、仲よくしたほうがよいとの自己防衛からです。
 教育・医療・司法関係従事者に権威を感じやすい人は、「好意を持っているいい人」を演じて、言うべきことを言わないという依存感情を抱いてしまう傾向があります。
外部的專業知識和諮詢, 即使醫生的收費外, 我們建議訪問專家, 你推薦給專家, 並避免嚴重的課程發表的推薦在同一天。
 病気には早期発見早期治療の鉄則がありますし、ケガには、それぞれの傷害別のゴールデンアワーいわゆる黄金の時間と言われる「直ちに適切な処置を行えば、瞬時に治る時間」があります。
 外科と整形外科と形成外科は全く違います。
 整形外科でも、日常生活動作由来外傷処置専門医とスポーツ由来外傷処置専門医、スポーツ疲労障害専門医とトレーニング障害予防専門医、リハビリテーション専門医、脊椎・脊髄専門医、肩関節専門医、股関節専門医、膝関節専門医、手足専門医、膠原病リュウマチ専門医、癌専門医など、全く専門性が違います。
 医師との適度な緊張感かつ適切な距離感を持って、「言うべきはハッキリと言う患者」であると医師に承認されることは、あなたにはたいへん大切なことです。
自己保存用の検査記録の発行依頼を積極的に
また、エックス線撮影・CT画像撮影・MRI画像撮影のCD-ROMの発行依頼は、他の医療機関でのセカンドオピニオンにおいて、無駄な再検査の省略による早期診断が得られるメリットがあります。自己記録としての発行依頼は、2,160円の手数料は掛かりますが当然の権利です。
 最近では、インターネットのアプリケーション・ストアで、各種検査の画像の解読ソフトが、医療従事者用に無料配布されていますから、慣れたら誰でも大まかな状況は解読できる時代です。
 自分の体の在り方に対し、自分でどのように方向づけるかは、勇気のいることですが、大切なことです。生活運動の推進、野菜食事の徹底、これらは人それぞれが、人生志()向に準じて決めればいいことです。
 ストイックな健康生活も、「仙人化」を招き、「骨皮筋右衛門」となってしまいます。志()向が嗜癖になってしまっては台無しです。痩せ過ぎは、冷え性や免疫障害や呼吸器疾患に罹りやすくなる傾向が目立つように、過ぎたるは及ばざるごとしです。

骨盤の傾斜による障害

2ミリのスキマの物語
 骨盤は、脊柱の最下部の逆三角形の仙骨と尾骨、腸を収める逆ハの字の腸骨と大腿骨を受け止める寛骨と座るための坐骨で構成されます。仙骨と腸骨はたった2ミリのスキマしかない平関節の仙腸関節でつながっています。
仙骨も腸骨も大きな体積をもつ骨ですから、2ミリの動きで十分に開閉をできますが、足との関係とウェストの筋肉との関係で傾斜をしてしまいます。
 すると、仙骨が左右に振れますから、おしりの3つの主要筋が左右で、つっぱる側とゆるみたれる側に分かれてしまい、持続すると腰背部に一側だけの永久的緊張が始まりだします。
ここから、かばい合いの筋性防衛や代償緊張が、ギザギザ形に左右の背骨の傍らの筋肉に筋硬結ができて、肩や頭にまで昇ってゆきます。
 足は足で、ゆるみたれたおしりの3つの主要筋のせいで、一番奥で洋ナシを横にして頭側に大腿骨としり側に仙骨をつなぐ梨状筋という2枚(1枚の場合もあります)の筋肉が緊張しっぱなしになります。
 この筋肉を太い坐骨神経が通過していますから、挟み込みが起き続けます。事務仕事や座り仕事や車の運転での座業がとどめをさします。しびれにだるさが起こり、足の運びがしづらくなって、ひきずり始めて、思っているように歩けなくなり、よく転ぶようになります。

2ミリを正しい位置関係にすることは簡単な手技で
 関節が硬くなって固まることを、フィクセーションといい、関節がずれて固まると、サブラクセーションと言います。
 数秒の施術で左右差は除去されて楽になります。
後は、中殿筋小殿筋症候群と言われるたれしりを上げるためにも、骨盤の起立が先決です。次に、背骨の傍らの脊柱起立筋群と前頚部筋群、さらには脊柱起立筋群と腸腰筋との拮抗関係の回復の施療が重要になります。

骨盤の問題を持つ人の傾向
 腸骨は肋骨からの筋肉とウェストの筋肉が付着していますから、その緊張度によってチュウリップのように開くか閉じるかが決まります。
チュウリップの開き過ぎは、「ゆるみ腹」となります。下腹部にまったく力の入らない「臍下不仁」という「へたれ腹」になってしまいます。
 骨格原因性の貧血症は、このような体形の人に多く見られます。下半身が肥満になりながら、「細絡」という細い毛細血管が浮いて出て、細絡顔色は蒼白で、キレやすくなり、むつかしいことは考えたくなります。